学校経営

 

経営理念 

  『子どもの育ちが見える学校づくり』

学校は、子どもを教育する場である。教師は、子どもの人格の完成を目指し、変化の激しい予測困難な時代に対応し、未来を逞しく切り拓き、社会に貢献し自分の人生を豊かなものにしていけるよう児童の教育にあたらなければならない。保護者・地域の信頼は、子どもの育つ姿、自ら育とうとする姿で学校及び教師に対する信頼を確かなものにする。子どもが育っている学校、そしてその育ちを子ども自身が自覚できる(育ちがみえる)学校づくりを目指したい。

 

教育目標

認め合う心と向上心をもった豊かな実践力のある子の育成                              ~ やさしく かしこく たくましく ~

 

教育目標具現化の視点

 〈やさしい子〉                               互いに認め合い思いやりの心をもつ子                                                                          ○ 決まりを守ることができる子
○ 相手の立場や思いを理解し、仲良く協力できる子                                        ○ 明るい返事とあいさつができる子

〈かしこい子〉
主体的に考え学ぶ子
○ めあてを持ち、主体的に学び続けることができる子
○ 学習規律が守れる子                                         〇 人の話をしっかり聞くことができる子                                 〇 自分なりの考えを持ち、しっかり表現できる子


〈たくましい子〉                            自分を高めようと粘り強く努力する子
○ 安全に心がけ、規律ある行動ができる子
○ 自己の目標(知・徳・体)達成に向け、心身の向上に粘り強く努める子
○ 働くことを喜び、仕事を最後までやり遂げる子
○ 失敗を恐れず、挑戦し続けることができる子

  1. めざす学校像
    ○ 子どもが、安心・安全に毎日楽しく登校できる学校
    ○ 子どもの学びを保証する学校
    ○ 子ども一人一人の良さを見つけ伸ばせる学校
    ○ 規律と活気のある学校
    ○ 花や緑に囲まれ、整備された美しい学校
    ○ 保護者・地域と共にある学校
     

  2. めざす教師像
    ○ 教育者として使命感を持ち、日々研鑽に努める教師                    ○ 子どもを温かく厳しく指導し、良さを伸ばす教師
    ○ 日々の授業を大切にし、わかる・できる授業を実践できる教師
    ○ 子ども・保護者・地域から信頼される教師
     

学校経営方針

教師の最大の仕事は、こどもが主体的に成長しようとする意欲を育むことと考える。そのために様々な教育活動を計画的に仕組み、認め、励まし、子どもを前向きにしていくことが大切である。子どもの主体性や向上心は、教師(学校)の意図的な教育活動によって育つものであると考える。そこで、学校教育目標の達成を目指し、「子ども達も教職員も明るく、元気に前向きに」活動できるよう全職員で創意工夫し、計画(P)・実施(D)・評価(C)・改善(A)をふまえ、ベクトルを合わせ教育活動を推進する。

令和二年度重点目標 

1 居心地のよい学級づくり                                      2 学習意欲の向上と学力の定着                                     

ページの先頭へ戻る