2学年職業講話(Part2)

 第2部は、5班に分かれ、それぞれの講師による講話をして頂きました。
 

 講話の中で、中学生の時の夢、現在に至る思い、、仕事での至福の瞬間、これからの展望など、日々感じている思いなどを生徒達に伝え、その上で、生徒達がこれから何をしたら良いかなど、未来を担う生徒達へエールを送り激励して頂きました。
 

 

 生徒達のお礼文を掲載します。

・砂川 丈見さんへのお礼【生徒・垣花さん】
 今日は砂川さんの話をきいて、改めて「勉強」と「経験」の必要性を感じました。自分がやりたいと思うことは、とことん経験し、失敗しても諦めず続けていきたいと思います。そして実現するためにも勉強を頑張りたいと思います。
 今日はありがとうございました。


・前里 修彦さんへのお礼【生徒・野原さん】
 今日はお忙しい中私たち平良中生のために職業講話をして頂きありがとうございました。私が大人になったときにあのとき勉強しておけば良かったな…と後悔しないように、今ちゃんと勉強しておこうと思いました。そのため自分がどんなときにワクワクするか、ワクワクするポイントを大切にして、今この瞬間を全力で取り組もうと思いました。
 きょうは本当にありがとうございました。


・佐和田 はるかさん【生徒・荷川取さん】
 今日の講話をきいて、「正解」よりも「楽しい」を探す人生を目指したいなぁと思いました。それで、楽しいいを探してどんどん見つけるためには、生活も仕事も自分が好きなことをした方が良いと思ったので、今まで以上に勉強して、自分の楽しいに向かって頑張ろうと思いました。


・根間 玄隆さん【生徒・神里さん】
 根間さんの話の中で「思いついでも実行、実践できる人が少ない」と聞いたとき、僕もあれやろうと思いつくけれど、やりたいか、やりたいくないで決めていたので、思いついたことは出来るだけ実行して行けるようにしたいと思いました。 

 

・宮平 弘幸さん【生徒・新城さん】
 作物や土、自然に対して「ありがとう」といえるのはスゴイ事なんだ!と思い「ありがとう」という言葉は、一言で人を笑顔に変えられると知りました。また「ありがとう」とは反対に、「ごめんなさい」というのが大切だと知り、農業という職業は、作物に対して一緒に向き合える素晴らしい職業だと改めて思いました。
 今日は本島に私たちのためにお話をしてくれてありがとうございました。

  • 2019年5月28日 19:51

ページの先頭に戻る