学校経営

(1)学校経営の基本的な考え方


本校では、「確かな学力」をはぐくむための「わかる授業」の構築、「豊かな心」をはぐくむための道徳教育や人権教育の充実、「健やかな体」をはぐくむための「食育」及び学校保健、学校安全及び学校給食、及び心と体を一体としてとらえ、生涯にわたる「豊かなスポーツライフ」基礎を培い「健康の保持・増進」「体力づくり」の充実に努める。
本校の児童の実態、保護者の願い、地域の実情等を考慮し、連携を推進するため、学校の情報を発信し、外にも内にも「開かれた学校づくり」をめざし、郷土(佐良浜地区)の文化に誇りを持ち、継承・発展に寄与する心を育み「思いやりの心」や「ねばり強く逞しい」児童の育成に学校・保護者・地域が信頼関係を基盤とした特色ある学校づくりに努める。
特に、一人一人の児童の個性を認め、大切にし、これからの社会において、変化に主体的に対応し、個性豊かに生き抜いていく資質や能力を育成することを目指し、自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、自ら解決する意欲を育て「生きる力」の基礎を育てる。

 

(2)学校経営目標 

 

児童一人一人の居場所づくり・絆づくりで明日も行きたい学校を創る

   

 

○「確かな学力」を育むための「めざす授業像」を共有し、「わかる授業」の構築を図る。
○「豊かな心」を育むため、道徳教育の充実を図る。
○「健やかな体」を育むため、一校一運動(持久走・縄跳び)を実践するとともに、心と体の健康の保持増進を
    図る。
○「佐良浜小学校課程での凡事徹底」を徹底し、基本的な生活習慣を形成する。

ページの先頭へ戻る