学校経営方針

1.学校経営目標

「生きる力を育む特色ある学校づくり」

2.学校経営の基本的な考え方

  • 学校は、児童の有する能力を伸ばし、社会において自立的に生きる基礎を培い、国家及び社会の形成者として必要な基本的な資質を養う目的を持つ。
  • 児童は、保護者・社会にとってかけがえのない大切な宝であり、守られるべき人権を有し、人として尊ばれる。
  • 学校は、大切な宝である児童の教育を保護者・社会から信託されている。
  • 学校教育は、児童・保護者・地域からの「信頼」を基盤としてなされ、「信頼」があってこそ教育の充実が図られる。
  • 学校教育目標の達成は、学校力・教師力によるところが、大である。

 3.学校経営の基本的な取組

  • 児童一人一人を大切にし、「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」等の「生きる力」を育み、児童の可能性を伸張するよう全職員が協働して取り組む。
  • 児童一人一人が、明るく安全・安心で楽しく学び合える学校づくりに努める。
  • 教師力・学校力の基盤の一つとなる職員の心身の健康の保持・増進に努める。
  • 職員間のコミュニケーションを確立し、共に学びあう同僚性を高め、職員一人一人が生かされ、やりがい働きがいのある職場づくりに努める。
  • 実践的授業力の向上を目指して、実効性のある校内研修の充実を図る。
  • 信頼される教育公務員としての服務遵守と互いに倫理観の高揚が図られる職場環境づくりに努める。
  • PDCAサイクルを生かした教育活動を推進し教育目標の具現化を図る。

ページの先頭へ戻る