学校の概要

伊良部島の外観

本地区は,沖縄本島から南西へ約330km,宮古島の西7.8kmの位置に隣接し,伊良部島と下地島の2島から成る離島である。
山地状の地形はなく標高88.8mの牧山から北西へ漸次低く傾斜する平坦面の多い地形を成し,両島間には長さ約3.5kmに渡る入江水道が走り珍しい自然形態をなしている。
海岸線は,牧山から白鳥崎にかけ30m内外の断崖が続き,南海岸にはベンチ状の海浜と砂浜が多い。地質は比較的若い 世代(係積世)の琉球石灰岩から成る。
年平均気温が23.1度と温暖で降雨量も年間2,000mm前後を記録し,年間を通してしのぎやすい気象状況であるが,夏場に襲来する台風の影響を受けやすい。
集落は入り江沿いに農業を主体とする本校校区と東北東の突端部に県内有数の南方出漁基地をもつ漁業集落(佐良浜地区=池間添,前里添の2集落)で形成され,下地島には国際的パイロット訓練施設をもつ下地島空港がある。


伊良部島の地図

各主要都市との距離

宮古島(平良) 東南東に7.8km 石垣 西南西に157.4km
那覇市 北東に328km
鹿児島市 北東に1031km
東京 北北東に1941km

 

ページの先頭へ戻る