校区

宮古島市伊良部地区は、沖縄本島から南西へ320kmの宮古諸島にあって、伊良部島と下地島からなり、面積は30平方km、人口約7000人である。

島の南西側には砂浜が多く、亜熱帯海洋性気候で、年間を通してしのぎやすいが、夏場に襲来する台風の影響を受けやすい。また、初夏の鰹漁、秋のサシバの飛来は伊良部島ならではの四季の風物詩である。

島は北区(佐良浜中校区)と本校区である南区(字伊良部・仲地・国仲・長浜・佐和田)からなり、北区は漁業、南区は農業を主体として営んでいる。

本校は、昭和23年に開校され、創立63周年を迎えた今年度は生徒数82名、学級数3学級、職員数16名の小規模校である。


渡口の浜


渡口の浜


乗瀬(ヌーセ)御嶽


宮古製糖伊良部工場


島バナナ


字伊良部


字伊良部


字仲地


字仲地


字仲地


字国仲


字国仲


字国仲


字国仲


字国仲


字国仲・伊良部小学校


字長浜


字長浜


字長浜


字長浜


字長浜


字長浜


字長浜


字長浜


字佐和田


字佐和田


字佐和田


字佐和田の浜


字佐和田・魚垣(カツ)


字下地島訓練飛行場

ページの先頭へ戻る