教育目標

学校経営の理念

学校は、子どもたちの夢や希望の実現に向けて根気よく取り組むとともに、「生きる力」の要素である確かな学力や豊かな心、健やかな体をバランスよくはぐくむことが重要であり、社会の変化に主体的に対応できる能力や、国際化時代を逞しく生きる創造性をはぐくむ必要がある。
「確かな学力」をはぐくむための「わかる授業」の創意工夫、「豊かな心」をはぐくむための道徳教育の充実、「健やかな体」をはぐくむための食育や健康保持、体力づくりの充実に努めるとともに、少人数であるからこそできる教育活動を創造し、積極的に地域の教育資源の活用を推進する。
宮古の美しい自然と、郷土文化に誇りを持ち、その継承・発展に寄与する心をはぐくみながら、優しさと逞しさを備えた子どもたちの育成に、家庭・地域と連携して取り組む。
常に情報を発信しながら、外にも内にも開かれた学校づくりを目指し、地域に根ざした、信頼される学校づくりに努める。

学校教育目標

  • 自ら学ぶ子(かしこく:知育)
  • 心豊かな子(やさしく:徳育)
  • 健康な子(たくましく:体育)

学校教育目標の指標(目指す子ども像)

「自ら学ぶ子」とは

  1. 人の話をしっかり聞くことができる子
  2. 学習の仕方がわかり、じっくり考えて学習する子
  3. めあてを持ち、主体的な学びができる子
  4. 自ら課題を見つけ、自ら解決しようとする子
  5. 学んだことを自分の生活の中に生かそうとする子
  6. 学習の準備がきちんとできる子

「心豊かな子」とは

  1. 相手の気持ちを考えて行動できる子
  2. きまりを守り、助け合い協力できる子
  3. 生命の尊さを知り、自他の生命を大切にする子
  4. 元気なあいさつができ、礼儀正しい子
  5. 美しいものや良い行いに感動することのできる子
  6. 郷土の文化を理解し、地域行事に進んで参加できる子
  7. ねばり強く最後まで頑張ることのできる子

「健康な子」とは

  1. 体力の向上に努める子
  2. 偏食や欠食をしない望ましい食習慣を身につけた子
  3. 自分の健康について考えることができる子
  4. 生活リズムを整え、規則正しい生活のできる子(早寝、早起き、朝ごはん、徒歩登校の推進)
  5. 安全に気をつけて遊べる子

目指す学校像

学校像

  • 安心・安全な学校
  • 児童の活動が認められ、児童が生き生きと活動する学校
  • 教育環境が整備された学校
  • 保護者や地域と連携・協力し、信頼され開かれた学校
  • 規律正しく、けじめのある学校

教師像

  • 思いやりがあり、個々の児童と信頼関係を大切にする教師
  • 自己研鑽に努め、情熱を持って学校課題の解決に専念する教師
  • 児童の個性や能力を伸ばすことのできる教師
  • 児童の頑張りを認め、児童、保護者と共有できる教師
  • 児童と共に汗を流す教師
  • 保護者や地域との連携を大事にし、信頼される教師
  • 教育の不易と変化を見極め、教職員のリーダーとして「和」と「指導力」を持つ校長・教頭
  • 学校の課題を適格に把握し、家庭・地域と連携して課題解決に努める校長・教頭

本年度の重点目標

確かな学力の定着と読解力の育成

ページの先頭へ戻る